新着記事

カテゴリ:学術

>カテゴリ:学術記事一覧

カテゴリ:留学

>カテゴリ:留学記事一覧

カテゴリ:キャリア

『Future Thirty 2050年の自動運転アイデアソン』開催決定!powered by BOSCH ✕ POL

自動運転の社会実装を加速させるアイディアソン、『Future thirty 2050年の自動運転アイデアソン』が2017年12月10日(日)に ボッシュ株式会社渋谷本社で開催されることになりました。 交通事故の減少や運転の快適性の向上などで期待の高い「自動運転」。しかし自動運転技術を実社会で応用し、活用に至るまでには様々な課題があります。2014年から2015年にかけてボストン・コンサルティング・グループが日米で行った「自動運転車を購入したくない理由」の調査によると、「自分で運転するのが楽しいから」(35%)という意見が「自動運転が安全に思えないから」(45%)についで大きな理由として挙げられていました。自動運転技術は「自動運転によって運転する楽しみが減ってしまう」という声にどのように答えることができるのでしょうか? 本イベントでは、自動運転や先端科学技術に興味がある理系学生を対象に、『自動運転 ✕ Fun』というテーマでアイデアを競い合います。自動運転技術を安心快適に、さらに多くの人が楽しめるようなサービスや街づくりをワークショップ形式で考えましょう。また、当日のアイデアソン前には自動運転の有識者によるパネルディスカッションが開催され、最新自動運転技術の海外動向、自動運転を社会実装する際の障壁等の理解が深めることができます。 協賛企業であるボッシュ株式会社はドイツの自動車部品メーカーで、現在は自動運転やIoT等の先端技術に力を入れています。また魅力的な勤務先ランキングで1位を獲得するなど、働きやすさにも注目が集まっている企業です。自動車業界に興味がある理系学生の皆様は奮ってご参加下さい。

>カテゴリ:キャリア記事一覧

カテゴリ:コラム

>カテゴリ:コラム記事一覧

カテゴリ:ハウツー

>カテゴリ:ハウツー記事一覧

人気記事ランキング

機械は人を優しくできるか?人工知能研究会 / AIR代表・佐久間洋司さんインタビュー

『Future Thirty 2050年の自動運転アイデアソン』開催決定!powered by BOSCH ✕ POL

今求められる『RIKEI-NOU』とは?〜株式会社SHIFT取締役と新卒社員インタビュー〜

研究も芸術も一つの「作品」 折り紙研究者・三谷純氏が語る大学の魅力と課題

初学者に道を敷く仕事①「物理学のわかりやすい解説」を極めるEMANの胸の内(前編)

初学者に道を敷く仕事②「物理学のわかりやすい解説」を極めるEMANの胸の内(後編)

検索