新着記事

研究者とフリーランサーに聞く、稼ぐために必要なこと【ヨッピー ✕ 大関先生対談】(前編)

働き方改革が叫ばれて久しい。2016年、安倍政権が「働き方改革実現会議」を発足させて以降、残業の削減や、育休制度の拡充といった施策がその旗印のもと推進されてきた。 社会全体で働き方を見直す動きが出てきたことは、これから社会に出る若者にとっても明るいニュースなのだろう。しかし、私たち理系学生はこれまで通り、いやこれまで以上に漠然とした不安を抱いている。 「有名な大学に進学し、大手企業に行けば大丈夫」という神話は崩壊し、かつて「末は博士か大臣か」とまで言われた博士は稼ぎ口に困る。 “過労死”、”高学歴ワーキングプア”、”ポスドク問題”、etc. そんなカードがひそむジジ抜きのような時代を生きる私たちは、どのような働き方を目指すべきなのだろうか?  今回は、そんな疑問と鬱憤をぶつけるべく、「明日クビになっても大丈夫!」の著者であり、webライターとして活躍するヨッピーさんと、「先生、それって量子の仕業ですか?」の著者であり、いろんな分野の研究に携わる東北大学の大関真之先生にお越しいただいた。二人の出会いはある対談記事。量子力学を噛み砕いて解説する大関先生が語る内容を、ヨッピーさんの発信力でバズらせたのだ。この二人が醸し出す普通の人とは違う面白さも気になるところだ。聞き手は、現役大学院生の須田英太郎(文化人類学専攻)と、久野美菜子(学際情報学専攻)の2人。須田、久野(筆者)ともにいわゆる”就活”の波に乗り切れず、大学院を休学中だ。

研究者とフリーランサーに聞く、稼ぐために必要なこと【ヨッピー ✕ 大関先生対談】(後編)

働き方改革が叫ばれて久しい。2016年、安倍政権が「働き方改革実現会議」を発足させて以降、残業の削減や、育休制度の拡充といった施策がその旗印のもと推進されてきた。 社会全体で働き方を見直す動きが出てきたことは、これから社会に出る若者にとっても明るいニュースなのだろう。しかし、私たち理系学生はこれまで通り、いやこれまで以上に漠然とした不安を抱いている。 「有名な大学に進学し、大手企業に行けば大丈夫」という神話は崩壊し、かつて「末は博士か大臣か」とまで言われた博士は稼ぎ口に困る。 “過労死”、”高学歴ワーキングプア”、”ポスドク問題”、etc. そんなカードがひそむジジ抜きのような時代を生きる私たちは、どのような働き方を目指すべきなのだろうか? 今回は、そんな疑問と鬱憤をぶつけるべく、「明日クビになっても大丈夫!」の著者であり、webライターとして活躍するヨッピーさんと、「先生、それって量子の仕業ですか?」の著者であり、いろんな分野の研究に携わる東北大学の大関真之先生にお越しいただいた。二人の出会いはある対談記事。量子力学を噛み砕いて解説する大関先生が語る内容を、ヨッピーさんの発信力でバズらせたのだ。この二人が醸し出す普通の人とは違う面白さも気になるところだ。聞き手は、現役大学院生の須田英太郎(文化人類学専攻)と、久野美菜子(学際情報学専攻)の2人。須田、久野(筆者)ともにいわゆる”就活”の波に乗り切れず、大学院を休学中だ。

カテゴリ:学術

研究者とフリーランサーに聞く、稼ぐために必要なこと【ヨッピー ✕ 大関先生対談】(前編)

働き方改革が叫ばれて久しい。2016年、安倍政権が「働き方改革実現会議」を発足させて以降、残業の削減や、育休制度の拡充といった施策がその旗印のもと推進されてきた。 社会全体で働き方を見直す動きが出てきたことは、これから社会に出る若者にとっても明るいニュースなのだろう。しかし、私たち理系学生はこれまで通り、いやこれまで以上に漠然とした不安を抱いている。 「有名な大学に進学し、大手企業に行けば大丈夫」という神話は崩壊し、かつて「末は博士か大臣か」とまで言われた博士は稼ぎ口に困る。 “過労死”、”高学歴ワーキングプア”、”ポスドク問題”、etc. そんなカードがひそむジジ抜きのような時代を生きる私たちは、どのような働き方を目指すべきなのだろうか?  今回は、そんな疑問と鬱憤をぶつけるべく、「明日クビになっても大丈夫!」の著者であり、webライターとして活躍するヨッピーさんと、「先生、それって量子の仕業ですか?」の著者であり、いろんな分野の研究に携わる東北大学の大関真之先生にお越しいただいた。二人の出会いはある対談記事。量子力学を噛み砕いて解説する大関先生が語る内容を、ヨッピーさんの発信力でバズらせたのだ。この二人が醸し出す普通の人とは違う面白さも気になるところだ。聞き手は、現役大学院生の須田英太郎(文化人類学専攻)と、久野美菜子(学際情報学専攻)の2人。須田、久野(筆者)ともにいわゆる”就活”の波に乗り切れず、大学院を休学中だ。

>カテゴリ:学術記事一覧

カテゴリ:留学

>カテゴリ:留学記事一覧

カテゴリ:キャリア

>カテゴリ:キャリア記事一覧

カテゴリ:コラム

研究者とフリーランサーに聞く、稼ぐために必要なこと【ヨッピー ✕ 大関先生対談】(後編)

働き方改革が叫ばれて久しい。2016年、安倍政権が「働き方改革実現会議」を発足させて以降、残業の削減や、育休制度の拡充といった施策がその旗印のもと推進されてきた。 社会全体で働き方を見直す動きが出てきたことは、これから社会に出る若者にとっても明るいニュースなのだろう。しかし、私たち理系学生はこれまで通り、いやこれまで以上に漠然とした不安を抱いている。 「有名な大学に進学し、大手企業に行けば大丈夫」という神話は崩壊し、かつて「末は博士か大臣か」とまで言われた博士は稼ぎ口に困る。 “過労死”、”高学歴ワーキングプア”、”ポスドク問題”、etc. そんなカードがひそむジジ抜きのような時代を生きる私たちは、どのような働き方を目指すべきなのだろうか? 今回は、そんな疑問と鬱憤をぶつけるべく、「明日クビになっても大丈夫!」の著者であり、webライターとして活躍するヨッピーさんと、「先生、それって量子の仕業ですか?」の著者であり、いろんな分野の研究に携わる東北大学の大関真之先生にお越しいただいた。二人の出会いはある対談記事。量子力学を噛み砕いて解説する大関先生が語る内容を、ヨッピーさんの発信力でバズらせたのだ。この二人が醸し出す普通の人とは違う面白さも気になるところだ。聞き手は、現役大学院生の須田英太郎(文化人類学専攻)と、久野美菜子(学際情報学専攻)の2人。須田、久野(筆者)ともにいわゆる”就活”の波に乗り切れず、大学院を休学中だ。

>カテゴリ:コラム記事一覧

カテゴリ:ハウツー

>カテゴリ:ハウツー記事一覧

人気記事ランキング

『DENSO AI Tech Talk for students-機械学習・自動運転技術が切りひらくモビリティ社会の未来』開催決定!

研究が内定に直結!?チームラボの『卒制/卒論採用』が理系学生にぴったりだった!

つくば市は真の「科学のまち」になれるのか? 毛塚副市長と考える、つくば市の今とこれから

スラスラ書ける!英語論文執筆に役立つツールまとめ

博士課程からメディカルコピーライターへ!未知の世界へ飛び込む生命科学博士の挑戦【MC&P新卒社員インタビュー】

リケジョが経営を学んだら?BOSCHの女性社員が世界を股にかけるマネージャーになるまで

検索