アルコールに適量なし……「少量でも健康に影響あり」超大規模研究で明らかに

「酒は百薬の長」や “Good wine engenders good blood(良いワインは良い血を作る)” など、お酒に関係したことわざ・格言は世界中で伝えられており、その多くは「適量の飲酒が健康をもたらす」という示唆しています。

しかしこのたび、控えめ(moderate)とされている量の飲酒であっても、実は健康に悪影響を与えているとした大規模研究の結果が発表されました。この論文は、世界で最も権威のある医学誌のひとつであるLancet誌に発表されています。

この論文では、19の高所得国(high-income countries)でのべ60万人を対象に、アルコール摂取量と健康への影響を調べた結果を掲載。少量の飲酒は心筋梗塞のリスクを下げることが確認された一方で、脳卒中や大動脈瘤、致死性の高血圧性疾患のリスクを有意に上昇させ、総合的には寿命を縮めていると報告しています。

具体的には、1週間の飲酒量が純アルコール換算で0〜100グラムのグループを基準に、平均余命への影響を以下のようにまとめています。

【40歳時点での平均余命】
・純アルコール量が週に100〜200グラム → 6ヶ月の余命短縮

・純アルコール量が週に200〜350グラム → 1–2年の余命短縮

・純アルコール量が週に350グラム以上   → 4-5年の余命短縮

アルコール含有量の計算は『お酒の量 (ml) ×(度数(%) /100)× 0.8』で定義されます。アルコール度数5%のお酒350ml缶に含まれる純アルコール量は14グラムで、一週間毎日1缶を飲むと、摂取するアルコールの量は98グラム。つまり、毎日ビールの350ml缶1本程度の飲酒量であればそれほど問題ないものの、それ以上の飲酒量ではアルコール量に応じて健康リスクも増大していきます。

さらに、多くの国では適度な飲酒量基準を男女によって分けていますが、今回の研究では健康リスクを増大させる飲酒量に性別の差はなかったとのこと。これらの結果から、研究グループは現在の飲酒基準値を早急に見直すべきだと主張します。

アメリカ国立衛生研究所のAaron White氏は、この論文で提示されているいる「週に100グラム以下」という量はあくまで目安であるとし、「アルコールが健康に及ぼす影響は、体重や性別、投薬状況など幅広い要因に左右される。安全とされる飲酒量に関して、この数字以下であれば必ず安全というマジックナンバーは存在しない。」と語っています。

日本人の場合は?

厚生労働省の「健康日本21」のウェブページでは「節度ある適度な飲酒」の量を、純アルコール換算で1日20グラムと定義。しかし、ページ下部の参考文献に記載されている報告書や論文は全て1999年以前のものとなっており、20年間にわたって情報が更新されていません。

もともとアジア人は欧米人に比べてアルコール耐性が低く、特に日本人は世界中で最もお酒に弱い民族の一つとされています。今年4月には、日本人が数千年をかけてアルコールに弱い人が増えるように進化してきたという研究結果も発表されました。

これらの事から、平均的な日本人にとっては、1日に350ml缶1本という飲酒量も「控えめ」であるとは言えないのかもしれません。

相次ぐ報告

昨年末から今年にかけて、アルコールの健康への影響を調べた論文が相次いでトップジャーナルに掲載されています。

昨年6月には適量とされる飲酒でも脳の萎縮を加速させうることを30年間の追跡研究で示した論文がBMJ誌に、今年1月にはアルコールの分解によってできるアセトアルデヒドがDNAに不可逆的なダメージを残し、発がんリスクを上昇させることをマウスで初めて実証した論文がnature誌に掲載されています。

お酒の楽しみは、健康リスクがあるからと割り切って諦められるものではありません。しかし、これまでの「少量なら健康に良い」という認識が必ずしも正しくないということは、頭の片隅に置いておいても良いかもしれません

 

【参考元】
‘Moderate’ drinking guidelines are too loose, study says
https://www.washingtonpost.com/national/health-science/moderate-drinking-guidelines-are-too-loose-study-says/2018/04/12/da73d89c-3e64-11e8-974f-aacd97698cef_story.html

Moderate alcohol consumption as risk factor for adverse brain outcomes and cognitive decline: longitudinal cohort study
https://www.bmj.com/content/357/bmj.j2353

Largest study of its kind finds alcohol use biggest risk factor for dementia
https://www.sciencedaily.com/releases/2018/02/180220183954.htm

How alcohol damages DNA and increases cancer risk
https://www.sciencedaily.com/releases/2018/01/180103132629.htm

全ゲノムシークエンス解析で日本人の適応進化を解明-アルコール・栄養代謝に関わる遺伝的変異が適応進化の対象-
http://www.riken.jp/pr/press/2018/20180424_2/

関連キーワード
学術の関連記事
  • 仮想通貨だけじゃない!「ブロックチェーン」で生活はどう変わる?
  • 先生は「上司」じゃない 〜いい研究室の条件とは〜
  • バイオも「マイクロものづくり」 DIYバイオ/ゲノム編集カフェを開催して
  • 音楽家・松本昭彦が見つめる 芸術と科学技術の交点
  • 2018年7月のケースに見る台風の姿と予報
  • 免疫チェックポイントタンパク質PD-1の発見と産学連携―サイエンスビジネスが死の谷を超えるには
おすすめの記事