愛し合っていると手をつなぐだけで脳波が同期、米大学が確認

心を許している相手に手を握ってもらうことで不安が消え、安心感を得られた経験がある人は少なくないでしょう。出産の時に手を握ってもらう、あるいは怪我や病気で痛む場所に触れてもらうことで楽になったことがある人もいるかもしれません。

体に触れる行為(タッチング)が精神的・肉体的な痛みを緩和することは経験的によく知られていますが、そうした効果が決して思い込みではなく、脳内で起こっている神経活動の結果であるとした論文が、米コロンビア大学のグループによって発表されています。

タッチングには、ストレスや不安の軽減、血圧低下などの効果があることが多くの研究によって明らかになっています。お産の時にベッドの傍らで手を握る行為や、疼痛を抱える患者にやさしく触れることで痛みを緩和する看護技術などもタッチングの効果によるもので、今回の論文の筆頭著者であるPavel Goldstein氏も、妻の出産時に手をにぎることで痛みが和らいでいたとする経験が研究のきっかけであったと語っています。

実験では、1年以上付き合っている23歳から32歳の異性間カップル22組を対象に、①隣合って座り手を繋いでいる場合、②隣り合って座っているが手を繋いでいない場合、③別々の部屋にいる場合という3つの状況について、被験者腕に痛みを与えた場合とそうでない場合とで二人の脳の活動がどのように変化しているかを調べました。この時、痛みに対する反応の性差を考慮して、身体接触によるサポート(social support)の影響を比較的受けやすいとされる女性にのみ痛みが与えられています。

実験の結果、互いに手を繋いでいる状況で痛みを与えた場合にはカップル間の脳波が同調する様子が見られたものの、他の場合では変化がなかったとのこと。さらに、女性の痛みに対して男性の共感度が高く、感情移入する度合いが高いカップルほど脳の同期レベルは高くなり、女性が主観的に感じる痛みも弱くなったと報告しています。

Goldstein氏らのグループは、同様の実験でカップル間の心拍数や呼吸のリズムが同調することを既に確かめており、手をつなぐという単純な行為が、これまで考えられていたよりも遥かに幅広い生体リズムに影響を与えていることを今回の結果で示せたとしています。

今回の研究では、脳波の同期と痛み軽減の因果関係、つまり、脳波が同期することでなぜ痛みが抑えられるのかについては明らかになっていませんが、タッチングが相手に対する感情移入を伴うこと、また自分自身が痛みを感じるときと他者の痛みに共感するときとで脳の同じ領域が活性化するという別の研究結果などと合わせて考えると、両者が互いに関係していることは理にかなっていると言えそうです。

研究グループでは今後、同性間カップルや被験者同士が近しい関係でない場合などについても同様の実験を行い、手をつなぐことで得られる効果についてさらなる研究を進めていくとしています。

参考までに、発表会などで同じ内容の話を聴いている聴衆同士や、スムーズに会話を進めている話者と聞き手の間などでも、脳波の同期が現れることが知られています。プリンストン大学のUri Hasson教授がこのことについてTEDで講演した動画が公開されていますので、興味のある方はご覧になってみてください。

【参考】

Brain-to-brain coupling during handholding is associated with pain reduction
http://www.pnas.org/content/early/2018/02/16/1703643115.short

The role of touch in regulating inter-partner physiological coupling during empathy for pain
https://www.nature.com/articles/s41598-017-03627-7

Inter-Brain Synchronization during Social Interaction
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2923151/

Speaker–listener neural coupling underlies successful communication
http://www.pnas.org/content/107/32/14425

Holding hands can sync brainwaves, ease pain, study shows
https://www.sciencedaily.com/releases/2018/03/180301094822.htm

Holding hands to comfort loved ones does help reduce pain, US study shows
https://www.telegraph.co.uk/news/2017/06/23/holding-hands-comfort-loved-ones-does-help-reduce-pain-us-study/

He’s not just saying he feels her pain—he really is
https://arstechnica.com/science/2018/03/hes-not-just-saying-he-feels-her-pain-he-really-is/

学術の関連記事
  • お風呂のアヒルちゃんは菌まみれ?「大便並に汚い」という表現について感じる幾つかの疑問
  • https://pixabay.com/ja/photos/?q=%E5%AE%B6%E6%97%8F&hp=&image_type=all&order=popular&cat=&min_width=&min_height=
    新たなインフルエンザウイルス治療薬からみる「理想の創薬像」
  • 1つのデータや1枚の図から公開できる”figshare”で研究をもっとオープンに 〜LabTech海外事例最前線〜
  • UV 日差し 
    塗るだけじゃ物足りない!次世代のUV対策は「飲む」日焼け止め!?
  • 『INSTRUMENTL』で研究資金を効率よく獲得~LabTech海外事例最前線~
  • ガーネットの結晶から太古の地震の記憶を読み取る
おすすめの記事