ユウェナリス(Decimus Junius Juvenalis)はかつて言った、

“orandum est, ut sit mens sana in corpore sanoorandum est, ut sit mens sana in corpore sano (健全な精神は健全な肉体に宿る)”

健全な肉体とは何なのであろうか。健全な精神とは何なのであろうか。

その飽くなき探究心が筆者を地球の裏側、アメリカへと向かわせた。

大柄な白人が地を統べる異文化圏で、筆者は何を見たのか?この記事はその記録(偏見有り)である。

(本記事はScience-Palpunteからの転載です。)

彼らの一週間は日曜日の夜に始まる。日曜日の夜は来る月曜日に向けての準備だ。

学生は宿題をこなし、社会人はゆっくりとしたひと時を過ごし、翌日のバトルフィールドに向けて精神を落ち着ける。

週末を満喫できなかったことに気づき、取り戻そうと突然日曜の夜に遊び始める日本人(僕)とは大違いである。あなたはどうだろうか。

当然、月曜日の朝の時点でメンタリティーに差が出る。(どうせ毎日が休日なのに)もう休日が終わって月曜かよ!!と騒ぐ日本の学生。死んだような顔で満員電車に乗り出勤する日本の社会人(偏見あり)。

それに対し、アメリカでは月曜日朝からイキイキと仕事をする。どこかの企業の CEOは朝5時台に出社しているらしい。クレイジーだ。

出社したら、コーヒーを飲む。そして、同僚と密にコミュニケーションをとる。ミーティングだけではない。スターバックスの店員とも密にコミュニケーションをとることは言うまでもないだろう。

「いらっしゃい、今日は何にしましょうか?」

「コーヒーのグランデを頼むよ」

「良いわ、あなた、名前は?(コップに名前とニコニコマークを書いてくれる)」

「ダイチだ、スペルわかるかな」

「D-A-I-C-H-Iでしょ、フフッ」

「すごい、君は天才だね」

「あら、そんなこと今更?あなたのことなら何でも知ってるわよ(初対面)。良い1日を!」

「ありがとう、君こそ良い1日を!」

アメリカでの1日はこんな感じで始まる。満員電車とは大違いだろう。

アメリカ人の夜は早い。多くの人が定時までには仕事を片付けている。

そして、お互いafter 6のルールには口を出さないのがルールだ。

某有名コンサル企業で働く傍ら、木曜日の夜はクラブのプロモーター(人集め)をしている兄ちゃんに話を聞いてみた。

「俺らは週5日も会社に行くんだ。朝9時から夜の6時までバカみたいに働くんだ。」

「(それだいぶホワイトだけどな)」

「だけど、終わった後、俺が何をしようが誰にも文句は言わせねぇ。ほら、こうやってクラブのプロモーターやってる時もあるし、他の日は大体クラブで俺自身が踊ってるがな。haha」

「その代わり、俺は他の人が仕事終わりに何をしようと口出しはしない。それが俺らのやり方だよ。定時まではバカみたいに働く。定時近くになるとみんな話しかけんなオーラを出す。その後すぐ帰りたいからな。haha」

仕事上がり何をするかは人それぞれだ。パーティーする人も、クラブ行く人も、運動する人も、TV見る人も、家族との時間を大切にする人も。様々だ。

ただ、学生は宿題が多くて大変だ。平日は図書館や自室にこもって夜遅くまで宿題をやっていることが多い。宿題が終わっていたら街に繰り出す。そして深夜までパーティーだ。

こう見ると日本とは真逆である。学生時代は遊びまくり、社会人になってからは残業だらけ。

どちらが良いか、それはわからないが、アメリカ人の方が合理的で、メリハリがしっかりしていると感じた。

 

 

週末。日本人同様、花の金曜日をめでたく乗り越えた彼らは、10時頃に起床する。当然二日酔いだ。ベットに吸い込まれる欲求を抑え、カーテンを開ける。そう、今日は待ちに待った週末だ。

日の光を浴び、とりあえず、コーヒーを買い散歩に出かける。そして、スターバックスで良質なコミュニケーションをとる。

前日からのお酒も抜け、Manhattan島の東を流れるEast Riverを眺めながら、そういえば朝食がまだだったことに気づく。中途半端な時間ではあるが、ブランチということで良しとしよう。

アメリカの朝食と言ったらベーコンと卵とベーグルだ。とりあえず全部ぶち込んでおけば良いだろう。アメリカ人は良くも悪くも適当だ。

East River際のベンチで一服しながら、自分がお金持ちだったら今何しているかを妄想する。少しテンションが上がる。現実に戻って少しテンションが下がる。

落ち着いたら家に戻る。そしてテレビをつける。Premier League Footballが生中継で観れる。

とりあえず、冷蔵庫にあるHeinekenを一本開ける。贔屓チームのArsenalが上位チームと対決する。

放送禁止用語を3秒に一度は口にすることで日頃のストレスを解消する。

特にゴール付近の攻防ではテンションが上がる。

「f***! f***! f***!!! f***!!!!」

「f*ck fck!! fck f*ck!!!!」

酔っ払っているし、大体こんな感じだ(偏見あり)。

また、みんな友達同士でFantasy Footballをやっているので、Fantasy Footballの自チームのメンバーがどうなっているのかもきになる。ハーフタイムは他チームの試合のハイライトを見る。

一喜一憂し、スポーツ観戦という場で感情を全面に出した後は、友達と飲み、クラブで踊る。

そして日曜日、週末のメインイベントが開催される。

そう、NFL、アメリカンフットボールの試合だ。

NFLは家では観戦しない。みんな街のバーに繰り出す。

バーテンダーも一緒になって観戦する。だから仕事が遅い。だが、誰も気にしない。

アメリカ人はよく話す。

「このQB(クウォーターバック)ほんとクソだな、どうにかしてくれよ」

「こいつそういえばこの前もクソだったな、なんで試合でてんだよ」

「レギュラーの〇〇が怪我したらしいよ」

「またかよ!」

「そう言えばこの前ギターヒーロー(ゲーム)のやりすぎで指怪我したバカピッチャーがいたよな」

「ああ、しかも俺に贔屓のチームにな、ほんとついてないぜ、ギターヒーローで怪我するピッチャーとかどこにいるんだよ」

「ほんとついてないな、心中お察しっするぜ」

ビールを傍らに、どうでもいいトークを展開する。途中からはトークに夢中で試合なんて見ていない。

ところでアメリカのビールは種類が豊富だ。日本のビールは辛口。メーカーによって多少のバリエーションはあるものの、ビールはビールだ。強いて言うなら、シャンディガフ、レッドアイがカクテルとしてあるだろうか。

アメリカではどこに行っても、さまざまな種類のビールが揃えられている。オレンジの味がするビール、めっちゃ苦いビール、辛口ビール、ココナッツビールなど何でもありだ。

そしてアメリカで「日本のビール」というとSAPPOROビールが出てくる(NY)。プレモルじゃないんかーいと思いつつも、日本に戻ってきてから気になって調べてみたら、そこには意外なストーリーがあるそうだ。

よく外国の人に話を聞くと日本のビールはまずいと言っている印象があったので、この話は意外だ。

話はそれたが、そんなこんなで楽しい一週間は幕を閉じる。

 

ま、価値観の違いとかいろいろあるけどね、なんとなくね、

憧れてまうやろ!