「博士進学は親に迷惑をかけてしまう」「そろそろ自立した生活がしたい」・・・このような考えから進学を諦め、就活に切り替える人は多いのではないでしょうか。しかしあなたの研究にかける思いがまだ残っているのであれば、諦めるのはまだ早いかもしれません。そう、経済的に自立し、なおかつ博士課程の学生として研究に打ち込む手段はちゃんとあるのです。その代表的なものに”学振(がくしん)”による奨学制度があります。

学振とは日本学術振興会の略称であり、学生同士の会話では通常その特別研究員(DC1, DC2, PD)のことを指して使われます。毎年多くの博士進学予定者(または博士課程在学者)がこの学振特別研究員に応募し、その座を狙っています。この記事では実際に特別研究員となった現役学生へのインタビューをもとに、制度の魅力、または申請時のポイント・心構えを紹介していきます。

学振特別研究員の概要

学振特別研究員の制度は、優れた若手研究者が研究に専念できるように、生活費及び研究費の援助を行う制度です。「学術研究の将来を担う創造性に富んだ研究者の養成・確保に資する」という目的のもと、昭和60年度から制度がスタートしました。(参考:日本学術振興会公式HPより

特別研究員にはいくつかの種類があります。代表的な3種類について次の表を見てください。博士課程の学生を対象に採用しているのがDC1とDC2、博士号取得者に対して与えるのがPDという区分です。この記事では主に博士号取得を目指す学生を対象としたDC1とDC2に着目して話を進めていきます。

まず基本的な生活費ですが、DC1とDC2で20万円(PDについては約36万円)が毎月支給されます。貸与型の奨学金ではないため、返済の必要はありません。また、生活費とは別に研究計画に基づく研究費が与えられます。制度上の上限は150万円であり、申請内容に応じて基本的には100万円以内になるようです。研究を進める上で必要な備品や交通費などはこの研究費から出すことが出来るので非常に助かります。これは他の奨学金と比較した場合には大きなアドバンテージだと言えるでしょう。

学振特別研究員の区分(学振HPより)

科学技術・学術政策研究所の調べによると2015年度における博士課程への進学者は15,283人(うち社会人の博士進学者5,872)となっています(NISTEP調べ )。学振への応募資格を持たない社会人博士を除いて考えると、博士進学した学生の10人のうち3人はこのDC1に応募していることになります。このことからも学振が全国的に広く認知された奨学制度であることがうかがえます。しかしその採用率はDC1・ DC2ともに僅か20%程度であり、狭き門であることは否めません。

申請の流れについて

学振特別研究員の募集は年度初めにスタートし、5月中旬~6月頃までに所定の申請書類を提出する必要があります。その後約半年間の審査期間を経て、10月中旬~下旬に採用内定者、面接候補者、不採用者に振り分けられます。採用内定者はその時点で採用が決まっていますが、面接候補者については二次選考として11月~12月に実施される採用面接をパスする必要があります。

学振特別研究員採用までのフロー(図は筆者作成)

この採用の命運を分ける申請書類ですが、大きく分けて以下の内容を含みます。

  • これまで行ってきた研究の概要・進捗( A4 1.5枚程度)

  • 採用後の研究計画・内容 (A4 3枚程度)

  • 研究業績 (A4 1枚)

  • 自己評価 (A4 1枚)

これらで合計A4紙7枚とかなりのボリュームです。申請書類による評価は、「①研究者としての研究能力・将来性、②研究業績、③研究計画のほか、学位の有無などを含めて総合的に研究者としての資質及び能力を判断(学振HPより抜粋)」されます。
 誰もが苦労する申請書類ですが、実際に特別研究員に採用された方々はどんな風に準備したのでしょうか?実際に採択された方に話を聞いてみました。

倍率が高いからと諦めるのは勿体ない

インタビュイー:Aさん
研究分野:臨床心理分野
採用にいたるまで:DC1に二次面接を経て合格

ーー申請書作成時の苦労話などあれば教えてください

 とにかくギリギリに書き始めてしまったので修羅場だったのを覚えています(笑)。提出期限が5月中旬だったのにゴールデンウィーク頃にようやく書き始め、結局誰にも見せずに書類を出しました。「申請が通ったらラッキー、落ちてもしょうがない」くらいの気持ちでしたが、とにかく申請書は絶対に出すぞと踏ん張りました。

ーーそれは凄い・・・! 申請書で決め手となったのは何だと思いますか?

 私の場合は細部にこだわる時間が無かった代わりに研究業績で勝負できたかなと思います。修士2年の5月までにある程度業績欄を埋められるよう、こつこつと学会に参加することを心掛けていました。発表歴は急に増えるものではないので、ここは1つのポイントだったと思います。また、参考になったのが研究室の先輩の申請書類です。DC1, 1度目のDC2と落ちて2度目のDC2で採用された方だったので、3年分の申請書類をいただきました。1年目、2年目、3年目とどのように改善していったのかを追うことで自分の申請書の見栄えも良くすることができたかと思います。

ーー面接をパスして採用されたとのことですが、面接の詳細について教えてください
 
 二次面接では8人程度の面接官を相手に研究内容を発表します。その後質疑応答も6分ほどありました。発表の持ち時間が4分ととても短いので大変だったのを覚えています。頭の中でしっかりと要点を整理し、何も見ずともスラスラと喋ることができるように練習しました。

テーマ設定の重要性と業績としての学振 

インタビュイー:Bさん
申請時の書面審査領域:総合系
採用にいたるまで:2度不採用。3度目の申請でDC2に採用。

ーー申請書を書く上で気を付けたポイントなどあれば教えてください

 私は3度目の申請でDC2に通りました。1度目と2度目での反省を活かし、申請書を出す研究分野を変更*し、これまでの研究内容の文脈を大きく書き直しました。

※学振特別研究員は人文学、数学、物理学、工学など分野ごとに枠があり、申請時にどの分野の研究として応募するかを選択する必要がある

ーー申請を出す分野が変わることもあるんですね。驚きです。

これは人によってまちまちですが、例えば化学でもありエネルギー学でもある、など分野横断型の研究をされている人は多いと思います。その場合どちらの分野により近いのか、ということもありますが、どちらで申請を出したほうがチャンスがあるのかということをしっかり見極める必要があると思います。

ーーそういった分野の判断はどのようにするんですか?

基本的には*科研費と同様の視点から判断されることを考え、過去に申請が通ったテーマをなどを参考に、自分の研究テーマがどの分野に一番合致しているのか入念に調査しました。科学研究費助成事業データベース(KAKEN)などが有効です。

KAKENの研究題目検索画面より

ーー特別研究員になってよかった、と実感したことはありますか?

学振の特別研究員の制度は研究コミュニティにおいてネームバリューがありますからやはり業績の1つとしての意味は大きいと思います。本当の意味でそのメリットが出てくるのは就職活動時なので実感するのは少し先のことになりそうですね。でも、特別研究員になる以前に別の奨学金を利用して、その返済免除申請を出すような場合には大きなプラス要素になるんじゃないでしょうか。

申請書を書くこと自体も研究の一部 

インタビュイー:Cさん
研究分野:神経工学分野 
採用にいたるまで:DC1に採用

ーー申請書を書く上で特に気を付けたことを教えてください

 内容をとにかくわかりやすく書くことに注力しました。中学生が読んでも理解できるような申請書を書くのが理想だと思います。特に冒頭の研究概要は重要で、読んだ人が「凄そう」と感じてくれるかどうか、キャッチーかどうかに注意を払って何度も書き直しました。

ーー何度くらい修正を繰り返すものなんでしょうか?

 7,8回は修正版を作りなおしました。研究室のメンバーは勿論、分野違いの知り合いにもチェックをお願いしました。特に自分の研究を知らない人に読んでもらうのは自分の申請書のわかりづらい点を知る上では非常に参考になりました。

ーーこれから申請書を書く人へアドバイスなどはありますか?

 まず、学振に応募する上で考えて欲しいのは、もし将来研究者として生きていくならば、このような申請書を出すことは研究の一部であり、逃れられないものだということです。皆さんの研究室の教授だって当然沢山の申請書を書いているでしょうし、必ずしもその申請書が通っているわけではないと思います。そんな凄い人達でも落ちるときは落ちる、研究費の申請書というのはそういうものだと思います。だからこそ、一度申請に落ちたからといって諦めるようなことがあって欲しくはないですね。

これから準備をするあなたへ

 いかがだったでしょうか。学振に応募することの意義は単なる奨学金の確保に留まりません。自分の研究を見つめ直し、内容を噛み砕いて整理することにも繋がるいい機会ではないでしょうか。研究内容をわかりやすく伝える工夫を凝らすうちに、改めて自分の研究の筋道や目的がはっきりと見えてくるはずです。通る、通らないかで悩んで申請書作成を渋っていてもしょうがない。「落ちて当たり前」くらいの軽い気持ちで、是非トライしてみてはいかがでしょうか。採用されたあかつきにはきっとあなたの研究生活を力強く支えてくれることでしょう!

出典:
日本学術振興会HP  
NISTEP HP  
科学研究助成事業データベース KAKEN