どうも初めまして!羽場優紀と申します!

Lab-Onでは、最新科学記事だけでなく、国内外の大学院生のリアルな生活についてもお届けして行きたい。ということで今日は僕が所属する*1アメリカはNY、コロンビア大学の理系の大学院の生活について紹介します!

 

「アメリカの大学院ってどんな感じなの?」

「なんかアメリカってめっちゃノーベル賞出てるけど、日本とどう教育が違うんだろう?」

数年前、僕もそんなことを思いたち、ウェブ上で情報を集めはじめました。

でも、短期留学や語学留学、おもに会社や官庁から派遣されていくMBAなどの情報はたくさんあるものの、

科学の学位留学(修士、博士をとる)の情報というのはなかなかありませんでした。

 

そんな中、先輩やら先生やら色々な人に助けてもらいながら、学部4年生の終わりにアメリカ大学院受験、なんとか合格を勝ち取り、現在ニューヨークにあるコロンビア大学大学院, 進化生態学専攻(Web Siteがかっこいい!)で修士号を取るべく勉強しています。

こちらにきてから日本の教育システムとは全く異なるアメリカ大学院の実際に驚く毎日です。

コロンビア大学ってそもそもどこだよ?

コロンビア大学と聞いて南米の大学?と思ったそこのあなた。これを機会にコロンビア大学のことを知ってくださいね!

コロンビア大学は、全米で5番目に古い大学で、アイビーリーグという東海岸の名門校群の一つです。

過去ノーベル賞受賞者を101人輩出しており(ちなみに東大は過去6名(wiki))、有名な卒業生としてはオバマ大統領が挙げられます。

場所はニューヨーク、マンハッタンから電車で15分ほどの都会にあり、ブロードウェイやウォール街といったおなじみの観光スポットからもすぐです。

勉強とエンターテイメントが隣り合わせのコロンビア大学にお越しの際はぜひ羽場までご一報ください!

参考:日本語wiki / 英語wiki

そこで!今回はアメリカ大学院とはどんなものなのかを、とある1日に焦点を当てて紹介しながら

アメリカと日本の大学院の日常の違いについて考えたいと思います。

 

東大のバイオ専攻の大学院生の生活が気になる人はこちら:バイオを学ぶ大学院生の事情

東大の機械学専攻の大学院生 の生活を見てみたい方はこちら:機械と格闘する東大生の日常

IMG_8356

(コロンビア大学 @ New York)

-----

8:00am

寮の一室にて起床。シャワーを浴びたのち、朝食のベーグルとバナナをコーヒーで胃に流し込む。

教科書の予習をしつつ、教室へ早足で向かう。大学へはあるいて5分だ。

Point1 寮生活

  • 基本的にアメリカの学生は寮に住んでいる。これは大学学部時代からそうらしく、実家から通っているという人は非常に少ない。このため大学のクラスやサークルとは別に、寮のコミュニティができる。みんな初対面でも異常にフレンドリーなので、世界中から来たひとと、学問分野を超えたお隣さん友達が簡単にできる。

  • 寮暮らしの大変なところは、本当にいろんな文化のひとが(わりと無秩序に)暮らしているので、文化の違いによる摩擦も多いということだ。多くのひとはルームメイトを持つが、ルームメイトが自分の生活スタイルと合わなかったり、性格が合わなかったりすることによるストレスの話もよく聞く。ひとまずは積極的に色々な文化を知るという意味でポジティブにとらえつつ、適当な距離を取れるように調節することが必要だろう。

IMG_8299

(寮の食堂)

IMG_9717

(通学路。建物が美しい!ちなみにこれは神学科の建物。)

 

9:00am

"進化学"の授業開始。

今日は人類の歴史とDNAを使ったその解析についてだ。

 

現在「人間」とよばれ世界中に分布している生物種は、およそ5万年前アフリカにいた集団が起源とされている。アフリカを出発した人類祖先は、ヨーロッパ・アジア・アメリカとその分布を広げたそうだ。

分布を広げる過程で、人類はさまざまな種との生存競争に打ち勝ってきた。競争相手の中には、ネアンデルタール人(Neandelthal)やデニソワ人(Denisova)といった、人類と共通の祖先を持つ種も含んだ。

ネアンデルタール人・デニソワ人はもう存在しない。そう、人類に滅ぼされたのだ。そして近年の研究結果はさらに驚きの事実を暴いた。

人類とネアンデルタール人のDNAを比べた結果、人類のDNAの一部にネアンデルタール人のDNAが混在していることが分かったのだ。

これが何を意味するかわかるだろうか?

人類は、ネアンデルタール人と競合し滅ぼす過程で、ネアンデルタール人と交配していたのだ!

そしてその子孫はそのDNAを代々伝えながら現在まで生き残ることになる。。そう、我々のDNAの中にネアンデルタール人が生きているのだ!

 

2時間の授業は講義に始まり、途中から教授を含めた学生同士の議論へと展開していった。なぜ人類はこれほどまでに生物として繁栄したのか?人類の移動ルートはどのような仮説検証をすれば証明できるか?人類とネアンデルタール人はそもそも違う種なのだろうか?

 

Point2 議論、議論、そして宿題

  • アメリカの大学院の授業は基本的に少人数で(~20人)、講義と同じくらいの頻度で議論形式の授業が行われる。はっきり言って、必ずしもいい議論になるわけではない。これはアメリカではとにかく発言することが尊重されるため、比較的安易な発言も許されるからだ。皆かなり好き勝手自分の意見を展開する(笑)。しかし、主に教授のリードによってはじめ散らかっていた議論は次第に収束していく。議論好きのアメリカ人と意見を交わすのは、楽しい。

最後に教科書と複数の論文合わせて100ページ以上のリーディングとレポートの宿題(明後日まで)が課され、生徒の阿鼻叫喚の中、授業終了。

  • アメリカの大学院の宿題はとっても多い。多すぎて終わらない。一説には、とても一人では終えられない量の宿題を出すことで、仲間同士で協力する(=Study Groupを作る)習慣をつけさせるのが狙いとか。

IMG_9967

(教科書、論文、ノート、そしてコーヒー。。)

Point3 研究費と英語

11:00am

"論文プロポーザル"のクラス開始。

10人前後のクラスで、一人当たり毎週3ページ前後の研究計画書を書き、それぞれの記事について議論を行う。

アメリカでは、たとえ学生であっても、そしてたとえ大学院1年生であっても、自分の研究費は自分で取ってくることが強く勧められる。自分自身で研究の内容を考えることはもちろんだが、さらに研究費獲得のためにプロポーザルを書いて、国の研究支援機関に自分の研究内容の概要やその重要性をつたえ、お金を出すよう説得する(日本で言えば、教授が"科学研究費"のプロポーザルを書くのに相当するだろうか)。

このスキルは、研究者を目指す者にとっては必須だ。研究というのはいつもお金がかかるものだが、黙っていては研究費は降りてこない。お金を出す側に「この研究はお金を投資する価値がある」と思わせなければならない。学生が書いてきた論文に対して、教授は様々な角度からツッコミを入れる。専門家以外のひとにもわかるようなインパクトがある研究か。どこまで具体的に研究の計画を述べるべきか。研究のオリジナリティはどこか。はじめは拙い皆のドラフトも、徐々に洗練されたプロポーザルになっていく。

  • 実をいうとこの授業が、僕がもっとも苦労している授業である。苦労している理由は幾つかあるが、ここでは英語について話そう。僕は日本人の中ではそれなりに英語ができる方だったと思うが(帰国子女でない中で)、ぶっちゃけいまのクラスでぶっちぎりで英語ができない(クラスの他のひとはアメリカ人とカナダ人)。どれだけぶっちぎりかというと、ドラゴンボールで言えば悟空とヤムチャくらいの差がある。スラムダンクで言えば流川と木暮くらい。ドラクエで言えばはぐれメタルとぶちスライムくらい。(しつこい)

  • 日本人の英語力については様々な議論があるが、やはり日本人の英語力というのは平均的に低いと言わざるを得ない(あくまで個人の感想)。これは同じアジアの人たちと比べても差があり、特にアウトプット(Speaking, Writing)の力の差は歴然だ。このライティングの授業でも、学生たちはただやりたいことを書くのではなく、より説得的になるように適切な単語や構文を選んでくる。そのような総合的な意味での英語力が、僕には(そして拡大解釈が許されるなら、日本全体には)足りないようにひしひしと感じる。これは研究者を目指す人に限らず、将来世界を舞台に仕事がしたいと思う人は認識すべき事実で、英語をいくら勉強しても損はないと、僕からはアドバイスしたい。

Point4 しばふ!

1:00pm

今日の授業が終わり(今日は授業は午前だけ!)、校内の芝生でクラスメイトと昼食。リラックスしつつ、オバマ大統領もかつてここでピザ食ってたのかなーと妄想する(彼もコロンビア大学卒)。午後は怒涛の自習が待っている。。。

  • コロンビア大学には芝生が沢山ある!日光浴するひと、ヨガするひと、本を読むひと様々だが、よく手入れされてて綺麗である。(東大の三四郎池も神秘的で好きだった)

IMG_9560

(晴れた日は芝生がいちばん)

IMG_9517

(写真は大地くん訪問時のもの)

-----

どうでしたか?日本の大学や大学院とくらべてどうでしょう?ご意見お待ちしてます(コメント,アメリカ大学院受験相談もwelcome!)

 

次回のアメリカ大学院生生活編では、この日の午後の様子を描いてみます。コロンビアの図書館、大学の周りのレストラン、そしてパーティ....( `ω´)

乞うご期待!

羽場優紀

 

参考:

コロンビア大学大学院のページ:Columbia University Graduate School of Arts and Sciences

注:

*1 この記事は2年前コロンビア大学入学当時に書いた記事で、実はこの春無事卒業し、プリンストン大学博士課程に進学します。’プリンストン大学院生のとある一日’も書こうと思っているので乞うご期待!