埼玉工業大学(本部:埼玉県深谷市 以下埼玉工大)は深谷市の協力により、大学周辺の公道において、埼玉県内初となる自動車の自動運転に関する実証実験を行うと発表した。実証実験の期間は、2017年12月1日~2019年3月31日までの予定だという。

 

埼玉工大によると、既に今年10月から内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の対象課題の一つ「自動走行システム」の大規模実証実験において、国内外の大手自動車メーカーと共に、私立大学として唯一実証実験に参加してきた。

今回の実証実験で使用される予定の車両は、トヨタプリウスの改造車だ。エンジン始動・停止、シフトの切替、操舵、 制動、駆動、その他周辺機器を、コンピュータを介して操作することが可能だ。実証実験では、 車体の内部や上部に、実験内容に応じた様々な装置を法律の範囲内で取り付けて自動運転を行う。

ところで、自動運転には自動化の度合いに応じてレベル分けがなされており、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)が米国に拠点を置く自動車技術者協議会(SAE)のレベル分けが一般的だ。

自動走行ビジネス検討会「自動走行の実現に向けた取組方針」報告書概要より引用

埼玉工大はLab-Onの取材に対し、今回使われる実験車両のSAEレベルについて

「開発中の車両のSAEのレベルは3です。つまり限定的な領域において、人が必要な時だけ運転を行うレベル(人の監視を必要としない)です。実験中はベテランのドライバーが運転席に座り、車両を監視し、一般的な車両と同じ安全性を保つように実験を行い、システムに任せきりにはしませんので、高度なレベル2の車両として運転を行いレベル3開発に必要なデータを集めることとなります」

と答えた。

実証実験においては「自動走行システムに関する公道実証実験のためのガイドライン」(警察庁)に従い、近隣の地域の方々の理解を得られるように、交通安全への配慮を十分に対策して実施するとのことだ。

今回の実証実験の主な目的については

「高齢化社会に向ける快適な自動運転技術の開発という、最先端の技術開発に取り組むことで、活力あるまちづくりに貢献できる若者を一人でも多く育て、深谷市の発展に貢献することを目的としています」

とし、12月から深谷市の協力を借りながら埼玉工大周辺の公道で実験が行われる。

埼玉工業大学ご提供埼玉工業大学ご提供

<参考資料>

深谷市内の公道で自動運転実証実験を行います(埼玉工業大学HPより)

自動走行ビジネス検討会「自動走行の実現に向けた取組方針」報告書概要