理系学生、特に大学院生は研究に割く時間が多い分、就活に割ける時間が文系よりも少ないと言われている。中でも仕事に直結しづらいと考えられがちな基礎科学系の学生の中には、就職に不安を感じている人も多いのではないだろうか。そんな理系学生を『RIKEI-NOU(理系-脳)採用プログラム』という独自の方法で積極採用している会社がある。その名も株式会社SHIFT、主にソフトウェア開発における品質保証を専門とする会社だ。今回は株式会社SHIFTの取締役である小林元也(こばやしもとや)さんと、東北大学理学研究科修士課程を2017年に修了した新入社員、蕏塚昌大(いづかまさひろ)さんに話を聞いた。


小林元也(こばやしもとや)さん


蕏塚昌大(いづかまさひろ)さん

 

――小林さんと蕏塚さんの学生時代の研究について教えてください。

小林さん(以下、小林)

私は東工大の原子核工学専攻に所属し、風力発電や原子炉内の磁場をレーザーで測定する研究をしていました。エネルギーにはもともと関心を持っていましたね。学部は機械系だったので電気系のことはそんなに詳しくありませんでしたが(笑)。

蕏塚さん(以下、蕏塚)

僕は、東北大で物理を専攻していました。研究室では素粒子を扱っていて、つくばの加速器から届くデータの解析やシミュレーションだったり、検出器の開発研究をしていました。僕の研究テーマは素粒子を識別するための機械学習で、研究室の先生が提示してくれたものでした。

博士課程まで進むことも考えていたのですが、僕は飽き性なところがあるので、ずっと一つのことを研究して食べていくよりも、研究以外の分野で他分野のスキルを磨きたいと思っていました。機械学習の研究のお陰でコンピューターの知識はあったので、IT系開発会社を中心に就活をしました。

――お二人とも物理工学系出身なのですね。SHIFTに就職する学生はどういった専門性を持った人が多いですか?

小林

SHIFTはソフトウェアの品質保証が専門なのですが、大学でソフトウェアの品質保証を研究する人はまずいないので、専攻分野を問わず採用しています。そのため多様なバックグラウンドの人が入ってきますね。もちろん情報系も多いですが、生物系もいますし、文系出身のエンジニアもいます。生物系の人からは、ソフトウェアの不具合を探る作業は遺伝子を探索する作業とどこか似ている、なんて聞くこともあります(笑)。この会社ではどんなスキルが役立つか分からないので、「特定の分野の人しか採用しない」という考えは全く持っていません。

――小林さん、猪塚さんはそれぞれどのような就活を経てSHIFTに来られたのでしょうか?

小林

十数年前になりますが、エネルギーの研究をしていたので、化石燃料を減らす、森林破壊を防ぐなど、地球環境のために何かできないかと思っていましたね。電機メーカーにいる大学のOBと話して、“エネルギーは社会システムの変化とつながっている”ということに強い興味を持ちました。

新卒では製造業の業務改善コンサルティングをしている会社に入りました。4年ほど働いてからSHIFTに移ったわけですが、自分が入った当時、SHIFTには社員が3人しかいませんでした。小さな会社で不安もありましたが、前職に勤めていた時、「3年後、4年後の自分が間違ってなかったと思える道を選べ」と言われたことがあり、その言葉が結果的に背中を押すきっかけになって、想像もつかない可能性を秘めているSHIFTで働くことを決心しました。

蕏塚

僕は大学が仙台で、研究も忙しかったため、時間とお金をあまりかけないよう短期集中で就活しようと思っていました。夏が来る前に2週間ほど東京に滞在し、その期間でまとめて面接を受けましたね。実は僕は面接がとても苦手で、なかなか受からなかったのですが、SHIFTは論理クイズなどの『RIKEI-NOU』検定だけで採用が決まりました。このテストは「論理的思考力」「抽象化能力」「緻密性」の3つの資質を測るものなのですが、研究過程で身につくような能力かと思います。自宅で検定を受けたので、実はどんな会社かよく知らなかったのですが、家のこたつでみかんを食べながらテストを受けたら内定してしまったという感じです(笑)。

小林

面接ではどうしてもコミュニケーション能力が評価されがちです。しかし自分を語るのが苦手な人の真の能力は分からないし、面接官によって評価基準が違って公平な評価はなかなかできないんですね。それならば基準が明確なテスト一発にしてしまおうと。その方が遠方の学生も旅費の節約になるし、私たちも受けにくる学生が欲しい人材であるかどうか、一定の基準で判断できる。お互いにとって合理的な手段だと思います。『RIKEI-NOU』検定だけで内定が出るのは本当に優秀な人だけですが(笑)。

――蕏塚さんのお仕事内容を教えてください。

蕏塚

今はメンバーが40人ほどのSHIFTの子会社にいて、ソフトウェアのセキュリティに関する品質保証を担う仕事をしています。具体的に説明すると、ソフトウェアのどこに脆弱性があるのかを、パラメータを入力して返ってくる結果から診断する仕組みを開発しています。将来的にはセキュリティの知識が全くなくても簡単に診断ができるようなシステムを作りたいと考えていて、そのために脆弱性を探す手法を体系化しようと数多くのソフトウェアに触れている毎日です。

実は学生時代、研究用コンピュータがハッキングされて研究が数週間ストップしたことがあったんです。幸い大ごとにはなりませんでしたが、この経験から「非専門家でもセキュリティトラブルに対応出来るようになるにはどうしたら良いか」と考えるようになったかもしれません。

――研究室での原体験が今のお仕事につながっているのですね!研究で培ってきた「理系脳」は仕事で生きていますか?

蕏塚

診断をしていると、あれ?ここおかしいぞと思うことがあるのですが、そこでどういう処理をしているのか仮説を立て、調べながらあれこれと実験してみて証明する、そして脆弱性を見つけ出したようなときは、研究っぽい気がしますね。また、ソフトウェアそれぞれの仕様は勿論違うのですが、そのなかで診断法の共通部分を見つけて抽象化し、システムとして作り上げる能力も研究のおかげで身についたと思います。場合分けして抜け漏れに気付けるということも役に立っています。

――お二人は仕事のやりがいはどんな時に感じますか?

蕏塚

なんといっても脆弱性を見つけた瞬間にやりがいを感じます。基本的には先輩方のノウハウに沿って探すと脆弱性の兆候が見つかるんですが、今までの経験から探索の定石が成り立っていると思うと、深遠なものに触れている気がします。

小林

今は、SHIFTが“組織”としてより成長していくための仕組みやあるべき姿を考え、メンバーと一緒に課題を解決していくのが楽しいですね。SHIFTも気が付けばもう、グループ会社も含めて約2,000人という仲間がいる大きな組織になっています。この規模になってくると、個人の力だけでは、今までのようなスピード感のある爆発的な成長は難しい。会社の規模が小さかった当時は今とはまた違った楽しさがあったのも事実ですが、今は会社が大きく成長したからこそ多様なメンバーとともに取り組める、取り組まなければならない課題を解決し、よりSHIFTを成長させていくことに楽しさを感じます。

――理系学生が将来社会で活躍していくためには、どういったことが大事になるのでしょうか?

小林

自分の仕事をやりきることでしょうか。意見することや、ちょっとやってみることは誰にでもできるけど、最後に現れる壁を乗り越えるのが大事だと思います。理系で研究を頑張ってきた人にはそれができる素地があるはずです。乗り越えた後も、目線を高く持って次の壁を見つけるチャレンジ精神を持った人に来てほしいし、僕たちもそういう人が活躍できる場を作らないといけないと思っています。

あとチャンスを選り好まず、何でもつかみにいってほしい。雑務には意味がないという人もいるけど、雑務もその中に何かしら得るものはあると思います。仕事に直接役立つかどうかに関わらず何でもやるのが大事で、僕も会社の運動会の仮装とか、忘年会の準備とか、仕事と関係ないようなことでも何でもやっています。サッカーゴールのコスプレ衣装を素材から全部作ったり(笑)。でもそれで多くの人が僕の顔を覚えてくれるし、困ってる部下が相談に乗りやすくなったり、得るものはあるんですね。

理系は目の前の研究がまずは大事だと思うけど、視野を広く持って、自分の研究を将来どう生かすか振り返ってみるのは大事なんじゃないかなと思います。