Koji Tachibana
ナレッジサイエンス・ラボ代表。1964年生まれ。北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科博士前期課程修了。ライフサイエンス研究支援産業(研究機器・試薬・受託サービス等)での業務経験が長く、「バイオニクス」(オーム社)、「Medical Bio」(オーム社)、サイエンスポータル(科学技術振興機構)で科学技術政策に関する記事を執筆していた。最近では、英国のゲノム編集パブリックエンゲージメントシナジー(Genome Editing Public Engagement Synergy; GEPES)プロジェクトに興味を持っており、萌芽するライフサイエンス研究成果の社会実装の動向に注目している。
Koji Tachibanaの記事一覧
科学者たちは人工合成された馬痘ウイルスのリスクを憂慮し始めている
免疫チェックポイントタンパク質PD-1の発見と産学連携―サイエンスビジネスが死の谷を超えるには