新たな研究キャリアを探れ!リバネス主催「キャリアディスカバリーフォーラム2017」開催決定

株式会社リバネスは、「キャリアディスカバリーフォーラム2017」を6月24日(土)に日本科学未来館にて開催すると発表した。
 
株式会社リバネスは、2002年に15名の大学院生によって立ち上げられたベンチャー企業。「サイエンスとテクノロジーをわかりやすく伝える」ことをすべての事業の軸として、「科学技術の発展と地球貢献を実現する」という企業理念の達成に向けて、様々な事業を仕掛けている。小中高校向けの出前科学実験教室、リバネス研究費に代表される若手研究者支援、さらには大学などが有する科学技術をもとにしたベンチャー設立支援など、領域は多岐にわたる。

キャリアディスカバリーフォーラムとは?

キャリアディスカバリーフォーラムとは、大学、ベンチャー、大手企業の3者で研究者の新しいキャリアを考えるイベントだ。従来のキャリアイベントのように、企業が一方的に会社の紹介をして既存の事業や働き方について説明することはない。これから先の事業に異分野の研究者を求める企業や、未来の社会を創造する為に情熱を持って事業を立ち上げたベンチャー企業と大学内で研究に勤しむ学生や研究者が出会うことで、これまで考えもしなかった研究キャリアを発見できる場となることを目指している。
 
今回は株式会社リバネスの齊藤想聖さんに話を聞いた。


 
ーーなぜ今回このようなキャリアフォーラムを開催しようと思ったのですか?

一言でいうと、研究者を取り巻くキャリアの課題を解決するためです。私たちは、研究者がもつ力が世界を変えていくと考えています。新しい研究テーマを創出する力、研究を実行して課題解決に寄与する力を研究者は持っているからです。しかし、毎日大学で研究に励む彼らの多くは、自身の専門分野以外に目を向ける機会が少ないのが実情で、この先どのように生きていくのか不安を抱えています。
一方、企業はイノベーション創出のために新たな事業に次々と乗り出しています。そこで従来と異なる専門性を持った研究人材に出会う機会を求めているものの、採用選考でエントリーするのは既存の事業のイメージをもつ人が多く、異分野の人材と出会うきっかけをなかなか見出せないという課題を抱えています。
この両者の課題を解決することで、研究者がこれまでより多様なフィールドで活躍できる、そんな世界を作ろうと考えています。
 
ーー確かに、専門分化した研究が社会でどのように求められているのか、研究者自身もイメージが湧きにくいことが多々あるように思います。では本フォーラムには具体的にどのような特徴があるのでしょうか
 

一方通行の会社説明ではなく、企業も研究者も相互に「自分の研究」についてとことん語るというのが一つの特徴です。
本フォーラムでは、参加者の方々にも企業ブースで今までの研究やこれから進めたい研究などの話をしてもらいたいと考えています。企業側も、研究グループリーダーや研究所長など、開発現場の方々が参加され、これからのビジョンを語っていただきます。相互のディスカッションの中で、どのように協働することができるのか、互いに発見できるのではないかと考えています。採用されるのかされないのかという一過性の関係ではなく、研究者と企業が将来に渡って深い関係を築いていく一歩を踏み出せるサポートをこのイベントでしたいのです。どんな出会いが生まれるのか、私たちもワクワクしています。
 
ーーフォーラムに参加する研究者に伝えたいことや期待することはなんでしょうか

想定しなかったキャリアを発見してもらいたいと思っています。今は、自身がどのような場所でどのように活躍することができるのか、答えがない時代です。これだと決めつけずに、いろいろな分野の企業や研究者と議論する中で、これからの生き方を考え、自分で見つけてもらえたら幸いです。

 
研究室の外で「自分の研究」について心ゆくまで語る機会は少ない。同様に、他分野の研究や企業の研究について知ることの出来る場というのもあまりなく、こうした状況がタコツボと言う言葉で揶揄されることもある。キャリアディスカバリーフォーラム2017はこうした現状に風穴を空けるイベントになりそうだ。
 
研究に勤しむ読者の皆様も足を運んでみてはいかがだろうか?きっと普段の研究生活、就活イベントや学会では得られない出会いがあるはずだ。
 
ーーーーーーーーーー
ホームページ:https://cdf.lne.st/
参加登録はこちら:https://cdf.lne.st/pre-registration/
参加予定者の声はこちら:https://cdf.lne.st/opinion/
 

●開催日時    2017年6月24日(土)10:00~18:00
●開催場所    日本科学未来館 7階
  東京都江東区青海2丁目3-6
●定員    200名(若手研究者・大企業・ベンチャー)
●主催    株式会社リバネス
●フォーラム参加企業(2017年6月6日現在 順不同)
三井化学株式会社 日本たばこ産業株式会社
ソルベイ・スペシャルケム・ジャパン株式会社
森下仁丹株式会社 株式会社ビービット
コネクテックジャパン株式会社
カクタス・コミュニケーションズ株式会社
凸版印刷株式会社 ヤンマー株式会社
古野電気株式会社 株式会社バイオインパクト
株式会社aba アメリエフ株式会社
株式会社人機一体 株式会社チャレナジー
株式会社メタジェン 株式会社LOUPE
株式会社a.school ライフイズテック株式会社
PLANT DATA株式会社 アイ・イート株式会社
株式会社ファームシップ

***

LabBase「ラボベース」は研究内容やスキルを登録しておくだけで、スカウトなどを通して企業とつながれます。さらに、研究生活の困りごとを解決したり、学生間や産学間の交流を促進する機能が追加される予定です。

研究内容に興味を持った企業と、スカウトやアピールを通してつながれるLabBaseの登録はこちら!

キャリアの関連記事
  • 人との出会いを資産にする―世の中の新しい「当たり前」を作るSansanの挑戦
  • IIIS 柳沢正史 筑波大学
    「一度は日本を出ろ」日米で研究をリードする柳沢教授が語る理想の研究環境とは?
  • 集え若きAI人材!インキュベーションスペース『KERNEL』メンバーが語るキャリア
  • 異分野の技術をつなぐ場を企業へ提供―「リンカーズ」が目指すものづくり産業の変革
  • 尖ったAI人材を育むには?AIインキュベーションKERNELから未来のイノベーター達へ【ディープコア✕NVIDIA】
  • 研究者はいかに社会で生きていくか?キャリアディスカバリーフォーラムで見つける、研究者の未来の仕事
おすすめの記事