ゲノム編集事業を徳島から開拓するスタートアップ企業「セツロテック」

 

「ゲノム編集」という言葉をニュースで見聞きするようになりました。ゲノム編集とは、生命の遺伝情報である「ゲノム」を正確に改変し、生命の情報を書きかえる技術のこと。最近では、ゲノム編集をサービスとして研究機関や製薬メーカーから受託する企業が国内外で増えています。そのひとつが、徳島県にあるスタートアップ企業「セツロテック」です。

基礎研究ではなくてはならないゲノム編集

セツロテックを紹介する前に、同社の事業内容であるゲノム編集について解説します。

ある生命の遺伝情報すべてであるゲノムを一冊の本とするなら、本の中の一文字を書きかえるような技術がゲノム編集。細胞に数種類の材料を注入するだけで可能であり、特定の一文字を書きかえるだけでなく、一文字だけ削除したり、別の単語を挿入したりすることもできます。

ゲノム編集は、細胞の中で起きている現象や、病気になる原因などを研究するのに、生物学の基礎研究においてなくてならない技術となりつつあります。その理由は、ゲノムの一部を変えたときに、細胞や生物全体にどのような影響が出るかを調べることで、ゲノムで変えた部分が何をしているのか推測できるから。また、病気になるようにゲノム編集をして、細胞や実験動物で薬のテストをおこなうこともできます。

このゲノム編集の受託サービスを展開するのが、セツロテック。徳島大学の研究者が開発した独自のゲノム編集の手法を事業化するため、2017年2月に設立されました。

徳島大学発のゲノム編集の強みは低コスト・短納期

セツロテックの強みは、独自のゲノム編集の手法である「受精卵エレクトロポレーション法(GEEP法)」。ゲノム編集そのものは米国マサチューセッツ工科大学の研究者が生み出したものですが、これを応用して徳島大学先端酵素学研究所の竹本龍也教授がGEEP法を開発しました。

通常、ゲノム編集で遺伝子改変動物をつくるとき、受精卵に注射針のようなものを刺し、ゲノム編集に必要な材料を注入します。一個ずつしか実施できず、100個の受精卵に材料を注入するのに2時間以上かかるのが課題です。

これに対してGEEP法は、電気を使って受精卵に極小の穴を開け、そこから材料が流れ込む仕組みです。一度に20〜200個の受精卵を扱うことができるため、例えば100個の受精卵に材料を入れるのに15分もかかりません。これにより、低コスト、短期間で受精卵へのゲノム編集が可能となりました(1, 2, 3)。

セツロテック 一般的な方法
方法 GEEP法 注入(マイクロインジェクション)
受精卵100個あたりにかかる時間 15分以内 120分以上
コスト 安い 高い

GEEP法の論文発表後、竹本氏のもとには大学の研究者らから共同研究の依頼が多く寄せられ、実際に数十例の共同研究を実施。これだけ依頼があるなら、製薬メーカーなどにも窓口を広く広げることで、受託業務として成り立つのではないかと考え、セツロテックが設立されました。

セツロテックのビジョンは、ゲノム編集実験を一手に引き受けることで、大学や企業の研究活動の効率化をサポートしようというものです。

研究機関との共同研究も進める

セツロテックは、設立後1年半で約80件のゲノム編集を受託。現在の主な依頼先は製薬メーカーとのことです。

さまざまな研究機関との提携も進んでいます。2018年度の中小企業庁の戦略的基盤技術高度化支援事業に採択され、3年間で約1億円の補助を受けながら、徳島大学、徳島県立工業技術センター、産業技術総合研究所四国センターとの共同研究を開始。他にも、広島大学、九州大学などとも共同研究を進めています(4)。

さらに、公益社団法人日本ニュービジネス協議会連合会主催の第13回ニッポン新事業創出大賞の「アントレプレナー部門」 で優秀賞を受賞したり、シンガポールで行われたバイオテクノロジーの国際学会である第16回Asia pacific Biotechnology Congress 2018ではベストポスター賞を受賞したりするなど、国内外で高く評価されています。

地方発のスタートアップ企業が向き合う課題

ゲノム編集事業は今後ますます注目される一方で、国境を超えた競争が予想されます。ベンチャー企業のセツロテックが、海外で巨大な資本をもつ大企業とどう競争するか。国内外で遺伝子改変に対する規制の違いをどうクリアして事業を拡大していくか(5)。

 

また、ゲノム編集は基礎研究にとどまらず、収量の多いイネや体格が大きいマダイの開発といった農畜産業にも応用の可能性を広げています。実際、現在のセツロテックの事業は基礎研究向けですが、将来的には肉質のよいブタをつくることで養豚業界への参入も睨んでいます。しかし、そうした食物を口にする消費者は、ゲノム編集をどうとらえるのでしょうか。政策やマーケティングだけでなく、消費者の価値観にも関わるこの議論に、セツロテックはどうアプローチするのか――後者については、2018年11月に開催された大規模科学イベント「サイエンスアゴラ」内で「ゲノム編集と実験動物」というイベントを開き、一般市民との交流を試みています。

乗り越えるべき課題は多くあります。地方発のスタートアップ企業がこうした課題にどう向き合うのかに、今後の動向に注目です。

参考資料
1.セツロテックウェブサイト
2.Hashimoto M, Takemoto T (2015) Electroporation enables the efficient mRNA delivery into the mouse zygotes and facilitates CRISPR/Cas9-based genome editing. Sci Rep. 2015 Jun 11;5:11315. doi: 10.1038/srep11315.
3.Hashimoto M, Yamashita Y, Takemoto T (2016) Electroporation of Cas9 protein/sgRNA into early pronuclear zygotes generates non-mosaic mutants in the mouse. Dev Biol. 2016 Oct 1;418(1):1-9. doi: 10.1016/j.ydbio.2016.07.017. Epub 2016 Jul 26.
4.ゲノム編集産業を開拓 セツロテックの竹澤慎一郎社長:日本経済新聞
5.2018年6月23日開催「Genome Biz 2018」における竹澤代表取締役社長の発言より

コラムの関連記事
  • 近畿大学とUHA味覚糖が見せる、産学連携の土壌づくり
  • 半分以下の時間と10分の1のコストでDNAフラグメントを合成する―長鎖DNA合成用核酸合成機とは
  • プラズマクラスターの製品化、支えたのは産学連携プロジェクト
  • 一家に一台風車を持つ時代!?小形風車「エアドルフィン」開発物語
  • 産学連携が生んだ珠玉の日本酒「獺祭早田」―味を落とさない「殺菌技術」とは?
  • ゲノム編集事業を徳島から開拓するスタートアップ企業「セツロテック」
おすすめの記事