• キャリア
    全ての業界で求められるデータサイエンティストの最先端と魅力に迫る ARISE analytics様インタビュー
    2018年4月5日
  • キャリア
    いま理系×広告業界が熱い! 採用にもデータをフル活用するセプテーニグループ
    2018年4月2日
  • キャリア
    必要とする人に最適な広告を!株式会社GeeeN若手エンジニアインタビュー
    2018年4月9日
  • 学術
    狙い目は「先輩の少ない分野」―AidemyCEOが語る「今、AIプログラミングを学べばトップに立てる理由」とは
    2018年2月24日
近畿大学とUHA味覚糖が見せる、産学連携の土壌づくり

近畿大学とUHA味覚糖による共同研究で開発された「美はお口から研究所」のリップエッセンスには、なんとマグロのエキスが入っている。「化粧品に魚のエキスが入っているなんて想像できない!」と思う人もいるだろう。

従来、化粧品に使われるコラーゲンは牛や豚由来のものが一般的であったが、このリップエッセンスには近大マグロ(※)から抽出される「ある成分」が配合されている。

 

※ 近大マグロとは?

近畿大学が開発した完全養殖技術で生産されたクロマグロのこと。完全養殖とは、「人工ふ化した仔魚を親魚まで育て、その親魚から採卵し、人工ふ化させて次の世代を生み出していく技術」。

クロマグロは別名「本マグロ」とも呼ばれ、マグロ類の中でも味が良く高値で取引されるため、乱獲によって個体数が減少している。近畿大学水産研究所では1970年にマグロ養殖技術に関する研究を開始し、2004年に完全養殖マグロの初出荷を成功させた。

マグロリップはどのように誕生したか?

使われているのは、「フルレングスコラーゲン」と呼ばれる保湿成分。高い保湿力を発揮する構造のコラーゲンで、約40kgのマグロ1匹からわずか100gほどしか得ることができない貴重な成分だ。高純度で精製することは難しいとされてきたが、近畿大学とUHA味覚糖の共同研究により、精製が可能となりつつある。

同プロジェクトが始まった頃、化粧品に使われるコラーゲンとして魚由来のコラーゲンが注目を集めはじめていた。背景には、牛海綿状脳症の社会問題化や、ハラールへの関心の高まりがある。

そこで同社が目をつけたのが、近畿大学直営の飲食店で捨てられている近大マグロの皮だった。

近大マグロは、プロリンやヒドロキシプロリンといった成分を多く含むため、保湿性が高く、リップ用の化粧品等に適している。初めにコラーゲンの抽出や分析をおこなったのは、同大学薬学部の多賀淳准教授とその学生たちだ。

学部や大学組織という枠を超えた協業へ

パッケージデザイン、販売促進・プランニング、POPデザインといった商品開発には、文芸学部や経営学部の教員と学生も協力。UHA味覚糖株式会社の代表取締役社長である山田泰正氏へのプレゼンテーションや、販売店舗での接客も近畿大学の学生がおこない、まさに文理融合型の産学連携プロジェクトとなった。

当然、開発過程では文系と理系の垣根を取り払い、協力し合うことが求められる。学部の性質の違いなどから、商品の企画当初は学生同士の衝突もあったようだ。このような開発プロジェクトでは、分野が違う教員や学生間の壁をいかにして崩していくかが課題になる。

出典 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000011343.html

2017年4月、近畿大学薬学部とUHA味覚糖は、年間を通した就業体験プログラムを行う場として、近畿大学の実学拠点「アカデミックシアター」内に産学連携ラボ「KISS LABO」を立ち上げた。

同ラボには、UHA味覚糖のお菓子を食べながら、アイデアのブレインストーミングやプレゼンをできる場が用意されている。ときには、UHA味覚糖の社員も参加する商品開発会議がおこなわれることも。分野の異なる人たちが集まれる場所を作ったことで、アカデミアと産業界、文系と理系といった壁のない越境型のプロジェクトを進めやすい環境が完成されつつある。

止まらない新商品開発

2018年には同ラボから「マグロのめだまグミ」、「近大発めし」が誕生。近畿大学生協で好評を得て、4月より一般販売も開始された。11月1日には、コラボ商品の第6弾となる「Dip Stick」グミチョコがショコラブティックCagi de revesにて100個限定で発売された。

 

http://www.uha-satellite.com/shopping/maguronomedama.html

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000011343.html

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000058.000011343.html

ラボに集う学生たちは、このラボから生まれた商品を片手に今まさに新しいコラボ企画を考案している真っ最中かもしれない。次々と新商品を発表する近畿大学×UHA味覚糖のコラボ企画から、今後も目が離せない。

参考サイト・記事

・産学官連携ジャーナル,『近畿大学×UHA味覚糖 一度で終わらない文理連携のコツ』

近畿大学水産研究所 クロマグロの完全養殖

ORICON NEWS,『近畿大学×UHA味覚糖 産学連携商品 「マグロのめだまグミ」「近大発めし」一般発売開始 』

近畿大学×UHA味覚糖 産学連携就業体験プログラム コラボ商品 第6弾「Dip(ディップ) Stick(スティック)」新発売

美はお口から研究所ホームページ

UHA味覚糖 健康・美容通販サイト

関連キーワード
コラムの関連記事
  • 国立大の論文生産性低い? 財務省の分析に大学反発
  • 「イノベーターのジレンマの経済学的解明」(伊神満著より)
  • 千葉大学 単位認定で不正があり教員が懲戒処分に
  • 政府、研究力強化や多様な産学連携のための新制度創設へ 身軽な組織として大学の「出島」など検討
  • 資金提供者の意思決定をスムーズに。「Dimensions」〜LabTech海外事例最前線〜
  • 「テクノロジーに哲学を」理系出身の出版社社長が語る、技術者に必要な教養【後編】
    「テクノロジーに哲学を」理系出身の出版社社長が語る、技術者に必要な教養【後編】
おすすめの記事