美しすぎる理系雑貨展「理科系雑貨研究所2017」が開催

試験管、歯車、結晶。理科の時間で見たことはあれど、アクセサリーとは無縁そうな実験器具や機械部品をモチーフにした雑貨を扱った作品展「理科系雑貨研究所2017」が5月4日(祝)から6日(土)東京本郷東大坂下の根津教会で開催された。大阪会場は6月28日(水)から7月4日(火)まで阪急うめだスーク中央街区にて開催される。

ーーなぜ理科系雑貨研究所というイベントを開催するに至ったのでしょうか?

10年程前から、ハンドメイド関連の雑誌、書籍発行、店舗、イベントなどを開催してきましたが、手づくり感、かわいらしさ、素材感など、従来のハンドメイド作品らしいものを中心に扱ってきました。しかしここ数年、他社の通販やブランドなどからも似たような作品が増え、よりインパクトがありひとつひとつ個性的な作品を探すなか、透明感・無機的・清涼感がある理科系の雑貨作家が登場し、広がりを実感しました。2年前に東京での百貨店催事としてはじめ好評を博し、“理科系雑貨研究所”という名前でイベントを開催しました。

ーー参加される作家さんは何名ほどですか?

今年5月の東京会場、6-7月の大阪会場は、それぞれ50名程度です。

ーー作家さんはどのようなバックグラウンドをお持ちなのでしょうか?

レジンなど人気の素材を使ってそれぞれの作風を探すハンドメイド作家の他、イラストやデザインは自分で創作しながら、生産は工場などに少数で発注するミニブランド的な作家さんは増えてきているという印象です。

ーーどのような方が買いに来られますか?

ネット告知などで、作家名や作品を知っていたお客さまの他、東京会場では隣接する東京大学や東京芸大などの学生、学校関係者など通常のハンドメイドイベントより幅広いお客様が足を運ばれています。性別、年代を超えたお客さまが自身の好きなモチーフのものを選んで、購入されています。

普通の雑貨屋で手にはいらない理科系雑貨の数々。

理系ワールド全開の作品展にぜひ足を運んでみてはいかがだろうか?


「理科系雑貨研究所2017」主催:AMULET アミュレット
〒130-0002 東京都墨田区業平5-7-2
http://amulet.ocnk.net/
offce/高円寺山荘
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3-1-13 202
tel:08050371624

 

コラムの関連記事
  • The Ocean Cleanupが太平洋ごみベルトに挑む
  • これがサイエンスライターの生きる道——堀川晃菜さんインタビュー
  • 理系が企業で働くってどういうこと?——『バイオ技術者・研究者になるには』著者・堀川晃菜さんインタビュー
  • 宝石化する、表情までくっきり……いろんな「化石になる方法」を紹介
  • アーティストからみるバイオの世界~コミュニティラボBioClubのススメ~
  • golden gate bridge san francisco
    Air Miners -discovery of value in the atmosphere-
おすすめの記事