【Lab-On 科学ニュース】「哺乳類さん、硫黄で呼吸してた」「鳥さん、言語話してた」 他4本

【生物】あなたも「硫黄呼吸」している? ー 哺乳類の新たな代謝経路が明らかに

ヒトを含む哺乳類は「硫黄呼吸」していることが、東北大などのグループの研究により明らかになりました。硫黄呼吸では、酸素の代わりに硫黄代謝物がエネルギー産生の過程で利用されており、従来の酸素呼吸とは全く異なります。マウスを用いた実験により、硫黄呼吸が生命活動において極めて重要な役割を果たしていることも分かりました。本研究は全く新しい代謝経路の発見という画期的なもので、さらに研究を進めていくことで、医療への幅広い応用が可能になることが期待されています。(プレスリリース(PDF)はこちら

【生物・言語学】シジュウカラは文法を操り、初めて聞いた文も理解できる!

私たち人間は初めて見た文章であっても、文法にのっとりその意味を理解できます。では、人間以外の動物も、こうした能力を持っているのでしょうか?京都大などの研究グループによる研究により、人工音列を用いることで、シジュウカラが初めて聞いた音列でも、文法のルールを用い正しく意味を理解できることを示しました。動物間のコミュニケーションのみならず、私たちの言語の進化を解き明かす上でも重要な成果です。(プレスリリースはこちら

【天文学】レアアースや貴金属はどこで生まれるのか?重力波天体の追観測から迫る

身の回りにある金やプラチナなどの重元素は、宇宙のどこで生まれているのでしょうか?この謎に迫る鍵となる発見が、今年の8月17日になされました。アメリカと欧州の実験チームが、中性子星と呼ばれる星が合体することで生じた重力波を検出したのです。すぐさま世界中の望遠鏡が追観測し、色や明るさの時間変化を調べたところ、合体時に地球質量の1万倍ものレアアースや貴金属が作られていることが分かりました。重力波と電磁波で同時に天体が観測された初めての例で、こうした観測が増えれば重元素の起源に限らず宇宙の様々な謎を解明できると期待されます。(プレスリリースはこちら

【地球史】恐竜はアンラッキーだった? ー 大量絶滅の鍵は小惑星衝突の「場所」

恐竜等の大量絶滅は、小惑星の衝突によるものと考えられています。しかし、小惑星が地球へ衝突しても、大量絶滅の起きる可能性は1割程度にすぎないことが、東北大を中心とするグループの研究で明らかになりました。重要なのは小惑星の衝突場所です。有機物が多い所に衝突すると、有機物の燃焼によりすすが大量発生し、気候変動が起きます。これが恐竜絶滅の原因と考えられています。しかし、白亜紀末の地球の大部分は有機物量の少ない地域であり、そこに小惑星が衝突していても気候への影響は小さいと推定されました。小惑星の衝突場所がずれていたら、地球の生命史は大きく変わっていたかもしれません。(プレスリリースはこちら

【考古学】クフ王のピラミッドに謎の巨大空間 ー 宇宙から飛来するミューオンを利用し発見

クフ王ピラミッドの中心部にこれまで発見されていなかった未知の巨大空間が存在することが、名古屋大を中心とするグループの研究で明らかになりました。この発見では、宇宙から飛来するミューオンという粒子を利用しています。本研究の手法(宇宙線ラジオグラフィ)はピラミッドを一切破壊することなく内部調査を行うことができ、今後も様々な遺跡調査や空洞調査に応用可能であることが期待されます。素粒子宇宙物理学の研究の成果が考古学研究に新たな技術を提供したという点でもユニークな研究だと言えます。(プレスリリース(PDF)はこちら

【工学】火星探査への第一歩? プラズマの噴出制御に成功! 

将来の宇宙探査に向け、高速宇宙船の必要性が高まっています。そこで期待されるのがレーザー核融合ロケットです。その原理は、強い磁場を使ってプラズマを制御し、後方に噴出して推力を得るというものです。九州大を中心とするグループの研究により、実験室でプラズマを作り、電磁石を用いてその伝搬方向が制御できることを示しました。シミュレーションでもプラズマ噴出制御が可能であることを確認しました。核融合ロケット実現への重要な第一歩です。(プレスリリースはこちら

コラムの関連記事
  • The Ocean Cleanupが太平洋ごみベルトに挑む
  • これがサイエンスライターの生きる道——堀川晃菜さんインタビュー
  • 理系が企業で働くってどういうこと?——『バイオ技術者・研究者になるには』著者・堀川晃菜さんインタビュー
  • 宝石化する、表情までくっきり……いろんな「化石になる方法」を紹介
  • アーティストからみるバイオの世界~コミュニティラボBioClubのススメ~
  • golden gate bridge san francisco
    Air Miners -discovery of value in the atmosphere-
おすすめの記事