神野拓哉

東京大学理学系研究科地球惑星科学専攻/情報学環教育部 気象学と音楽と漬物で地球が回る

河野太郎・瀧本哲史対談「大学研究の現場から声を上げよ」五月祭イベントレポート

5月21日、東京大学の学祭、五月祭で日本政策創造基盤・東京瀧本ゼミ主催イベント「河野太郎の大学の悩み聞きます」が開催された。河野太郎衆議院議員と瀧本哲史京大客員准教授、そして現役研究者が「研究環境を改善するためにいま大学に必要なことは何か」を大学研究の「現場」で議論した様子をお届けする。(取材:神野拓哉・久野美菜子)

「専門領域をもって価値観を疑え」田中聡久・東京農工大准教授に聞く、脳と機械の新しい関係性

ブレインマシンインターフェイスと呼ばれる、脳が発する電気信号を処理して外部機器と直結し、情報のやり取りを可能にする技術分野がある。神経科学、情報学、信号処理の技術などを組み合わせた学際的な領域で、この技術を使うと頭皮から検出した脳波を利用してロボットやコンピューターを動かしたり、処理した信号をフィードバックして脳に再学習させたりすることができる。今回は東京農工大学で生体信号情報学の研究室を持つ田中聡久准教授にブレインマシンインターフェイス研究の魅力を聞いた。

化学の知を結集するChem-Stationが目指すものー「マニアックな情報発信」の価値を問う

通称「ケムステ」ことChem-Station(https://www.chem-station.com )はウェブに混在する化学情報を集約、整理し、データベースとして提供する国内最大級の化学ポータルサイトです。早稲田大学理工学術院の准教授であり、第一線で活躍する現役研究者でもある山口潤一郎氏は18年前にケムステを立ち上げ、現在も代表として運営に携わっています。ケムステが化学の情報発信にこだわる理由と、ケムステの運営を通してその先に見据える「科学の発展」について山口准教授に話を聞きました。

人気記事ランキング

自称“ひねくれ者“の働かないアリ研究者 長谷川英祐氏が語る人生哲学

「好き」を「こだわり」という武器に。北大・吉澤和徳氏のイグノーベル賞受賞までの道程

『Future Thirty 2050年の自動運転アイデアソン』開催決定!powered by BOSCH ✕ POL

性はタブーでなく科学の一分野 雌のペニスを発見、吉澤和徳氏が語る科学の”扱われ方”

「就活」と「研究」は分解せよ!芝浦工業大学に聞く、理系大学院生への就職におけるアドバイス

埼玉工業大学、県内初となる自動運転の実証実験を開始 大学周辺の公道が対象

タグ